キャンプに行くことで子供のスマホ閲覧時間は0分になる

2017年の5月からファミリーキャンプを始めました。

最初は「子供が自然に触れ合えるように」と漠然と始めたファミリーキャンプですが、子供にとっては想定以上に良い体験になっています。

我が家の家族構成

プロフィール欄にも記載していますが、我が家の家族構成は、

僕(31歳)、妻(31歳)、長女(4歳)、次女(0歳)の4人家族です。

次女はまだ6ヶ月ですが、もう一泊のキャンプに連れていってしまっています。何回かテント泊しましたが、全く問題なさそうです。

キャンプの子供への良い影響

4歳の長女の自然体験を増やしたいと思い、始めたキャンプですが、想定以上に良い効果が出ています。

以下、キャンプに行くことで変わった長女の変化を記載します。

虫を怖がらなくなった

我が家の妻は大の虫嫌いです。先日は家の中で蚊が飛んでいるだけで「キャー!」と騒いでいました。僕もそこまで得意なわけではありません。

その影響からか4歳の長女もかなり虫が嫌いになってしまいました。

蟻やバッタ、小さい小蝿でも怖がってしまうレベルです。触るということは到底できません。

それが、何回かキャンプに行ったところ、なんと最終的には色んな虫を手づかみできるようになってしまいました。

都心に暮らしている限りは「虫嫌い」というのは困ることではありませんが、虫は苦手でないことには越したことはありませんありません。夏は誰もが嫌いな害虫も退治しないといけないことも今後の人生では出てくると思うので、これはとても嬉しい影響でした。

スマホの閲覧時間が激減し、外での運動量が増えた

キャンプに行くと自然が遊び場になるので、スマホを持ってyoutubeを眺める必要がなくなります。

先日行ったキャンプ場も自然が豊かで湖も隣接していたので、湖に向かっての石投げやカヤック漕ぎ、松ぼっくりを拾ってアート制作など自然ならではの遊びを夢中になってしていました。

夜テント内でほっこりしている時は少しyoutubeを見てしまったものの、これまでの休日のスマホ閲覧時間から考えると9割以上閲覧していないことになりました。

外でたくさん体を動かしたので、夜はテント内でもぐっすりでした。

スマホはもちろん便利ですが、子供の娯楽の全てになって依存してしまうのも気になっていたので、これも大変嬉しい効果でした。

キャンプから帰ってきてからも、公園での遊び時間が増え、これまでよりも外で走り回る時間が増えたように思います。

「子供の遊び相手はスマホに任せている」という方は是非ファミリーキャンプを進めたいです。

テント泊は全く問題ない

ちなみに4歳と0歳のテント泊ですが、今の所全く問題ありません。

怖いとも言わないし、テント内で楽しんで夜はぐっすり寝袋の中で眠っています。

ちなみに寝袋は以下のものを書いました。2,480円と激安です。

安かったので品質は心配しましたが、寒がることもなく、5月の標高1000メートル以上のキャンプ場でも熟睡していました。

子供の教育にキャンプは総じてオススメ

虫嫌いがなくなり、スマホ依存も解消し、運動時間も増える。とキャンプは子供にとって良いことだらけです。

キャンプど素人の僕でもできてしまっているので、是非検討されてみてください!

キャンプに行くことで子供のスマホ閲覧時間は0分になる
この記事をお届けした
Yes We Camp!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大